BLOG

R3 Cloud Journey

kintone

Ionic(v5) でスマホから kintone 連携 (後編)

2020-11-17

アールスリーの浅利です。

お久しぶりです。 前編中編 に続きまして、 このアプリを Androidスマホのネイティブアプリとして動かそうと思います。

Androidネイティブアプリ化

前回、一覧画面から追加と編集、さらに現在地の緯度経度の入力をできるようにしました。 これを Androidのネイティブアプリとして動くようにしたいと思います。

Android端末で動かすための設定

をもとに、Android実機で動かせるよう開発環境を準備します。

詳しくは公式ドキュメントをご覧いただくとして、ここではどういうことをするのかだけ簡単に。

  • Android Studio をインストールする
    Androidアプリの開発環境である、Android Studio をインストールします。
  • Android Studio で、Android SDK をインストールする
  • 環境変数を設定する
    ANDROID_SDK_ROOT
    PATH
  • Java(JDK)をインストールする
    JDK8 の必要があります。9はダメ
  • Gradleをインストールする
  • 前回までのIonicアプリのフォルダで、以下のコマンドを実行する
$ npx ionic cordova platform add android
$ npx ionic cordova prepare android
  • config.xml の Package ID 設定を変更する
    <widget> の id を設定します。
  • 証明書ファイルを作成する
    JDK内のkeytoolというツールを使って、keys フォルダ内に証明書を作成します。
$ mkdir keys
$ cd keys
$ JREのbinフォルダ\keytool -genkey -v -keystore ionictest.keystore -alias ionictest  -keyalg RSA -keysize 2048 -validity 40000  -storetype jks

 → パスワード等の設定をすると、
   ionictest.keystore ファイルができる。

  • 証明書ファイルの場所を設定する build.json というファイルを用意して、そこに証明書ファイルの情報を書いておくと、ビルド時に使用されます。
    build.json (storePassword と password の値は、変更してください)
{
  "android": {
    "debug": {
        "keystore": "./keys/ionictest.keystore",
        "storePassword": "証明書作成時に設定した、ストアのパスワード",
        "alias": "ionictest",
        "password" : "証明書作成時に設定した、鍵のパスワード",
        "keystoreType": "JKS"
    }
  }
}
  • resources\android\xml\network_security_config.xml にIPを追加する
    現在、Serverless はPCで、HTTP で動かしています。AndroidアプリがHTTP(S無し)でサーバーをやり取りするためには、ホワイトリストへの登録が必要です。 (PCのIPが変わった場合は都度修正する必要があります。なお、今回はHTTPで動かすために必要でしたが、HTTPSであれば不要です。)

    network_security_config.xml (192.168.XX.XX の部分を、PCのIPに変更してください)
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<network-security-config>
    <domain-config cleartextTrafficPermitted="true">
        <domain includeSubdomains="true">localhost</domain>
        <domain includeSubdomains="true">192.168.XX.XX</domain>  <!--   ← 追加 -->
    </domain-config>
</network-security-config>

Android実機で実行

以上の設定が終わったら、ようやく Android実機でネイティブアプリとして動かす準備が整いました。

Android機を用意して、USBデバッグをONにしてから、PCにUSB接続します。

そして、今まで実行してきた ionic serve の替わりにとして、以下のコマンドを実行すると、ビルドが行われ、Androidにアプリがインストールされます。成功すると、Android上でアプリが起動してきます。

$ npx ionic cordova run android -l

-l は live reload の意味で、Ionicアプリのコードの変更時に、Androidアプリの更新が行われます。 PCとAndroid機は、USBケーブルで接続したままにしてください。
( なお、PCとUSB接続せずにアプリを使用したい場合は、 -l を付けないで実行する必要があります )

( Serverless は、前編でやったように、以下のコマンドで実行して 同じネットワーク内から叩けるようにしておきます。)

$ npx sls offline --host 0.0.0.0

Androidアプリが起動してきたら、(これまでと同じように)設定画面で ServerlessのURL(http://PCのIPアドレス:3000)を設定すると、一覧画面や登録機能が動くと思いますので、試してください。

ネイティブアプリ

編集画面で緯度経度の取得ボタンを押すと、初回、「位置情報へのアクセスを許可しますか?」の警告が出ますので「アプリの使用中のみ許可」を押してください。

位置情報警告
位置情報取得完了

これだけだと、中編までのIonicアプリをそのままAndroidネイティブアプリとして動かしただけなので、もう少し手を加えてみたいと思います。

( npx ionic cordova run android -l は Ctrl+C で停止させておいてください。)

地図アプリを起動させる

緯度経度データなので、地図アプリを起動してみたいと思います。

そのためのプラグインがあります。
Ionic の Launch Navigator プラグイン : ナビアプリを起動するためのプラグイン

※ GOOGLE_API_KEY_FOR_ANDROID は、住所から緯度経度を取得するために必要なのですが、今回はその機能は要らないので、適当に{your_api_key}を設定してます💦

このプラグインを使用できるようにするために、app.module.ts のprovidersに追加します。

/src/app/app.module.ts

...
import { LaunchNavigator } from "@ionic-native/launch-navigator/ngx";   ← 追加
...

@NgModule({
  declarations: [AppComponent],
  entryComponents: [],
  imports: [BrowserModule, IonicModule.forRoot(), AppRoutingModule],
  providers: [
    ...
    LaunchNavigator,      ← 追加
    ...
  ],
  ...

編集画面(Tab2)にボタンを追加し、そのボタンを押すと そのデータの緯度経度を元に地図アプリを起動するようにしました。

/src/app/tab2/tab2.page.html

  ...
  <ion-button color="secondary" (click)="getLocation()">
    <ion-icon slot="icon-only" name="location-outline"></ion-icon>
  </ion-button>

  ↓ 追加
  <ion-button color="tertiary" (click)="openMap()">
    <ion-icon name="map-outline"></ion-icon>
  </ion-button>

  <ion-button expand="block" (click)="register()">登録</ion-button>
</ion-content>

/src/app/tab2/tab2.page.ts

...
import { AlertController, NavController, Platform } from '@ionic/angular';   ← Platform を追加
import { LaunchNavigator, LaunchNavigatorOptions } from '@ionic-native/launch-navigator/ngx';   ← 追加
...
  constructor(private navCtrl: NavController,
              private route: ActivatedRoute,
              private alertController: AlertController,
              private geolocation: Geolocation,
              private kintone: KintoneService,
              private platform: Platform,      ← 引数追加
              private launchNavigator: LaunchNavigator) {}     ← 引数追加
  ...
  ↓ openMap()追加
  async openMap() {
    // 地図アプリを開く (スマホ)
    if (this.platform.is("cordova") && this.platform.is("android")) {
      if (this.form.latitude && this.form.longitude) {
        const destination = [Number(this.form.latitude), Number(this.form.longitude)];
        const options: LaunchNavigatorOptions = {
          launchModeGoogleMaps: "geo",
          app: this.launchNavigator.APP.GOOGLE_MAPS,
        };
        await this.launchNavigator.navigate(destination, options);
      }
    }
  }

ボタンが押された時、Android上で動かしていてなおかつ緯度経度が入力されているなら、launchNavigatorプラグインを使ってGoogleMapアプリを起動するよう、実装しました。

$ npx ionic cordova run android -l

地図ボタン

新しいボタンを押すと...

位置情報警告

GoogleMapアプリが起動し、緯度経度の場所にピンが立ちました!

まとめ

これにて、前編中編後編と続いた 「Ionic(v5) でスマホから kintone 連携」は終わりとなります。

Serverless をPC上ではなくAWS API Gatewayに入れたり、他のプラグインを入れたり等、応用はできると思います。 参考にしてみてください。

では、またの機会にお会いしましょう~

kintone
Web

Webとか.NETとかスマホとかマイコンとかシーケンサーとか、いろいろやってるエンジニアです

R3のご提供サービス
自社のシステム開発・移行などをご依頼したい方
お客様とともに作りながら考える
新しいシステム開発
kintone導入・アプリ開発・カスタマイズにお困りの方
kintoneをもっと使いやすくする
gusukuシリーズ