キミノマホロメニュー解説:【ロ-3】業務改善アシスト

キミノマホロ for kintoneのメニューを深く掘り下げていくシリーズ!!

メニューの詳しい解説を通じて、メニュー化した背景や意図を知って頂きます。

【ロ-3】業務改善アシスト

キミノマホロは、業務改善に取り組むステップをカテゴリ分けし、カテゴリごとにサービスをメニュー化しています。
このコラムでは、業務改善を実現するための仕組み(システム)を作成するフェーズ「【ロ】業務改善に必要なkintoneアプリ作成」に含まれる【ロ-3】業務改善アシストについて解説します。 

業務改善アシストでは、お客さまが kintone アプリを内製化したい場合にアールスリーが成功に向けてアシストします。  
アプリ構成の設計から始め、各アプリの作り方、gusuku Customine のカスタマイズ方法、運用に向けた相談など、内製化に向けた一連の流れをアシストさせていただきます。  
アールスリーはアドバイスだけに徹し、kintone アプリやドキュメント等を作る事はありません。

システムの内製化に取り組みたいが kintone にはそこまで詳しくないので、自分達だけで作るのはちょっとハードルが高い。そうお考えのお客さまも弊社のアドバイスを受けながらアプリを作成することで、段々と自分達の中に知見をためていくことができます。
いったんアプリを作成いただいた後は、引き続き【ハ-2】継続的な業務改善アシストを使ってアプリの改善を行っていただくことを想定しています。
アプリ作成や運用の経験を積んでいく中で段々と弊社を頼ることが少なくなっていき、最終的にはお客さまだけでシステムを運用していけるような状態に持っていくことが目標です。

この業務改善アシストをご利用いただくにあたっては、事前に【ハ-6】クラウドユニバーシティを受けていただき、kintone / Customine の基本的な知識をつけていただくことをオススメしています。

以下の事例ページも参考にしてください。

進め方

  1. kintone で実現したい事を聞いて、全体設計(アプリ構成の検討)を行います。※実施しない場合もあります。
  2. お客さまがアプリの作成を進め、課題が見つかった時に質問していただきます。
  3. 質問内容にアールスリーが回答します。必要な場合は、gusuku Customine のカスタマイズをサンプルとして提供することもあります。お客さまからの質問に対して、回答を繰り返します。

対応するkintone SIGNPOST

本メニューに対応したkintone SIGNPOSTです。
 併せてご覧頂く事で、メニューの考え方について理解を深めて頂く事ができます。

成果物

  • サンプルプログラム
    • gusuku Customine のカスタマイズをサンプルとして提供します。サンプルのため、完成はお客さまで行って頂きます。 

「キミノマホロ for kintone」は「ITを身近に、業務改善を日常に。」をテーマに、皆さんと一緒になって業務改善を進めるためのサービスです。
ITと聞くと自分達には難しいと思われる方も多いかもしれませんが、ITを身近に感じて、業務改善が日常業務として当たり前になるような企業文化を一緒に作っていきたいと考えています。

kintoneを使った業務改善・システム開発でお困りの場合は、弊社で実施している「キントーンよろず相談会(無料)」でご相談いただけます。お気軽にご参加ください。

kintoneよろず相談会

キントーンよろず相談会

アールスリーのSIチームが、キントーンに関するお悩み相談を何でもお受けします!

毎日開催中!お好きな曜日でお申込みいただけます!
(オンライン or 大阪オフィス来社のいずれか選択可能)