kintone(キントーン)を使った業務改善をベンダーと進めるのは難しい?

kintoneはプログラミングの知識が無くてもノーコードでシステム(アプリ)を作れる事から、まずは自分達でアプリ開発を進める事が多いと思います。

ですが、以下のようなケースでITベンダーに相談したくなる場合もあるでしょう。

  • kintoneの使い方を学習しながら、アプリ作成を進める時間を取る事が難しい(通常業務とkintoneの担当を兼務されている場合、時間を確保するのが難しいことが多いのでは無いでしょうか?)
  • 社内にkintoneを担当できるIT人材がいない
  • 自分達で実現するには、やりたい事の難易度が高い(アプリ構成が複雑になりそうな場合や、kintone以外のサービスとの連携が必要になる場合です)
  • 自分達でアプリを作ってみたものの、使い勝手が良くない・業務に合わない等の理由で現場が使ってくれない
  • 自分達でアプリ作成を進めているが、kintoneとして正しい作り方をしているのか分らず不安に感じている

ベンダーに相談して進める事は難しい?

いざベンダーに相談しようと思っても、自分達に合ったベンダーを選ぶ事は難しいものです。
業務改善を行おうとしている方の多くはITの専門家では無いため、ITベンダーに開発を依頼することに不慣れな方がほとんどです。そのような方がITのプロに力を借りたいと思っても、以下のような理由で難しい場合が多いのが実情です。

  1. 業務改善がどのように進んでいくのか分かりにくい
    ベンダーがどのような流れで業務改善(システム開発)を進めていくのか分かりにくい事は多いものです。
    作業範囲や成果物が曖昧な事があり、ベンダーがやってくれると思い込んでいたら、実は作業範囲外だったという事があります。
    費用は一式いくらという試算で内訳が分らなかったり、想定していなかった作業が後で追加になって、予算をオーバーしてしまったという場合もあります。
  2. 継続して業務改善を行うことが難しい
    kintoneを使うのであれば、運用を始めてからも改良を続けていきたいと考えますが、改良の度にベンダーに多額の費用を支払わないといけない場合があります。
    そうなると、改良せずにアプリを使い続ける運用になりますが、現場からの声をシステムに反映できず、使われないシステムになってしまう可能性があります。
  3. 仕組み(システム)を作ったのに使われない
    システムは完成したものの、使いにくい・業務に合わない等の理由で使われず、Excelでカバーしてしまうというケースは多いのでは無いでしょうか。
    依頼した通りに作ってくれるベンダーは多いですが、ITの専門家では無い皆さんがシステム化を想定した要件をベンダーに伝える事はとても難易度が高いものです。

「キミノマホロ for kintone」の3つの特徴

以上のようなお悩みを抱えている方、失敗した経験がある方は、「キミノマホロ for kintone」をご活用下さい。
キミノマホロであれば解決できる理由を、3つの特徴でご説明させて頂きます。

  1. メニューから選ぶとちょうどいい
    業務改善の流れをフェーズ分けし、フェーズごとに作業をメニュー化しています。
     キミノマホロ サービスメニュー
    作業をメニュー化したので、必要なメニューを選ぶだけです。アールスリーが何をするのか、逆に何をしないのかを明確にしています。
  2. 自分でもできる・お任せでもできる
    皆さんの代わりにアールスリーがアプリを作るメニューもあれば、皆さんが内製化を進めてアールスリーはアドバイスだけ行うメニュー(ロ-3 業務改善アシスト)もあります。
    両方を組み合わせる事もでき、皆さんの方向性に合わせた体制を組む事ができます。
    「ロ-3 業務改善アシスト」の場合、アドバイスを行う期間で費用が変わりますので、コストを抑えられる場合があります。
    また、基本的にはアールスリー側の担当者が変わる事はありません。仕組みを理解したメンバーが継続して対応する事が業務改善を継続できる一因となります。
  3. 業務も技術も分かるプロとあゆむ
    業務改善・システム開発の経験が豊富なメンバーが担当させて頂きます。
    業務をしっかり理解した上で、実現する内容が本当に必要なのかを考えて対応します。
    皆さんのためにならないと思えば、求められた事であっても作らない提案をしたり、ネガティブな事を伝える場合もあります。


「キミノマホロ for kintone」は「ITを身近に、業務改善を日常に。」をテーマに、皆さんと一緒になって業務改善を進めるためのサービスです。
ITと聞くと自分達には難しいと思われる方も多いかもしれませんが、ITを身近に感じて、業務改善が日常業務として当たり前になるような企業文化を一緒に作っていきたいと考えています。

kintoneを使った業務改善・システム開発でお困りの場合は、弊社で実施している「キントーンよろず相談会(無料)」でご相談いただけます。お気軽にご参加ください。