BLOG

R3 Cloud Journey

kintone

kintone アプリをもとに Amazon Transcribe の カスタム語彙を更新する

2020-06-03

アールスリーでは kintone と Amazon Connect を連携して インサイドセールスを行う仕組みを構築しています。
実のところ gusuku Customine を使用すれば、誰でも非常に簡単かつ安価に kintone に電話を組み込むことが出来ます。

以前にも書きましたが、Amazon Connect は オンプレミスの PBX とは異なり、設備投資・初期費用が不要のクラウドベースでコンタクトセンターを構築できるサービスです。

新型コロナウイルスの影響が続き、以前のようにオフィスに毎日多くの社員を集めて仕事をするわけにはいかず、在宅勤務など働き方が多様化するなかで、いま急速に普及しています。

AWSが現在最も力を入れているサービスの一つと言って過言ではなく、Amazon Connect を通して行われた会話・やり取りを分析する機能がプレビューリリースされています。

kintone と Amazon Connect, 分析サービスの連携

お客様とのやり取りを分析する上で(自社の)サービス名や特定のキーワードを抜き出すことは非常に重要です。例えば仮に会話の中に「解約」という(非常にネガティブな)ワードが出てきた場合は お客様の感情やこれまでの経緯、契約の内容など、あらゆる情報を俯瞰・共有して適切なアクションに繋げなければなりません。
そのためには kintone 上で CRM を育て Amazon Connect と連携させる必要があります。他社のノウハウをそのまま導入しただけでは変化に適応することが出来ません。自分たちで PDCA サイクルを回し、自分たちの手で常に改善・カスタマイズを加えられる仕組みが必要だと思います。

我々は情報を kintone へ統合したいので Amazon Connect の分析結果も kintone 内に組み込むようにしています。一例として独自のキーワード辞書(ボキャブラリー)を用いて通話を文字起こしし kintone へ書き込んでいます。
辞書を育てる作業を簡単に行いたいので、kintone にキーワードを入力し、これをもとに辞書を更新する仕組みを作りました。GitHub に公開していますのでご興味があれば参考にしてみてください。

kintone のレコードを AWS Lambda から読み込む

kintone でアプリをどのように作り、組み合わせて改善しているか、アールスリーのノウハウを紹介するオンラインセミナーを定期的に開催しています。

また、gusuku Customine を使用すれば簡単に電話と kintone を連動させられますので以下のページをご覧になってみてください。

Amazon Connect を利用した kintone アプリ連動の電話受発信システムの構築

Amazon Connect は簡単な設定で電話番号を取得し、パソコン上から電話をかけたり、受けたりすることが出来るAWSのサービスのひとつです。 gusuku Customine を使うと、ご自身の kintone アプリに簡単に「電話を発信する機能」・「電話を受ける機能」を追加することが出来ます。 設定は簡単ですが、いくつか事前に必要なものがあります。Amazon Connect を利用するために、有効なAWSアカウントが必要です。 kintone 及び Customine については、開発者ライセンスおよびフリープランでお試しいただくことが可能です。

AWS
AWS Lambda
kintone

アールスリーインスティテュートで、これまでになかった画期的な kintoneカスタマイズサービス gusuku Customine(カスタマイン) を開発しています。 kintone認定アプリデザイン/カスタマイズ スペシャリスト

R3のご提供サービス
自社のシステム開発・移行などをご依頼したい方
お客様とともに作りながら考える
新しいシステム開発
kintone導入・アプリ開発・カスタマイズにお困りの方
kintoneをもっと使いやすくする
gusukuシリーズ