BLOG

R3 Cloud Journey

kintone のデータを Elasticsearch に入れて検索する

2017-10-31 9:32

kintone のデータ検索をもっと速くしたいと思ったことはありませんか?

今回は kintoneアプリに入っているレコードを Elasticsearch に入れて検索してみたいと思います。

まずは kintoneアプリにデータを入れた上で、全レコードを JSON形式で抜き出します。
今回の例では 郵便番号のデータ を使用することにします。

レコードの一括取得API を使用して全レコードを抜き出し、 JSON形式で保存します。


出力した JSONファイルを読み込んで、 Elasticsearch へ 一括挿入します。

そのまま入れられれば良いのですが、 Elasticsearch の Bulk API では newline delimited JSON (NDJSON) という形式を用いる必要があるので変換した上で bulk メソッドに渡しています。

完了したら Elasticsearch にリクエストを投げて検索できます。

curl localhost:9200/kintone/_search?q=5410053

また、 Kibana からも検索できます。

簡単にでしたが、kintone のレコードを Elasticsearch に入れて検索してみました。

次回は Elasticsearch への検索機能を kintone に組み込んでいきたいと思います。

うっちー

アールスリーインスティテュートで、これまでになかった画期的な kintoneカスタマイズサービス gusuku Customine(カスタマイン) を開発しています。 kintone認定アプリデザイン/カスタマイズ スペシャリスト

R3のご提供サービス
自社のシステム開発・移行などをご依頼したい方
お客様とともに作りながら考える
新しいシステム開発
kintone導入・アプリ開発・カスタマイズにお困りの方
kintoneをもっと使いやすくする
gusukuシリーズ