どのメニューを選ぶかで、必要となるコストや作れるものが変わります。
案件管理、ワークフロー、受発注、予約管理の業務を例に、業務改善を進めた際のコストごとの実現例をご紹介します。
※ 金額は初期費用を想定しており、ランニング費用が別途発生します。
※ あくまで費用感を想定して頂くための参考情報となりますので、正確な費用をお知りになりたい方はお問い合わせください。

詳しい内容は「詳細へ移動」をクリックしてください。

約100万円約500万円約1,000万円
案件管理
「業務改善アシスト」でアールスリーの支援を受けながら、お客さま自らkintoneアプリを作成複数ツールを使い分けていた案件管理業務をkintoneに統一案件管理で必要になる情報を基幹システムから連携し、利便性アップ
ワークフロー
「業務改善アシスト」でアールスリーの支援を受けながら、お客さま自らkintoneアプリを作成紙の決裁書をkintoneに置き換え、販売管理アプリと繋げる事で業務効率化市販のワークフロー製品をkintoneにリプレース
受発注
「業務改善アシスト」でアールスリーの支援を受けながら、お客さま自らkintoneアプリを作成受注・発注の各業務を管理できるアプリを作成受発注から請求・支払に繋げる仕組みを作成
予約管理
「業務改善アシスト」でアールスリーの支援を受けながら、お客さま自らkintoneアプリを作成宿泊予約データをkintoneに連携し、kintoneで業務を回せる環境作りを実現貸し会議室予約システムの管理機能をkintoneで実現

その他の実績

会計 / コールセンター / 問い合わせ受付 / スケジュール管理 / 現場の作業管理 / 原価管理

案件管理

100万

「業務改善アシスト」でアールスリーの支援を受けながら、お客さま自らkintoneアプリを作成

業務改善の概要
  • Excelで行っていた案件管理をkintoneに置き換え
  • お客さま自らkintoneアプリを作成し、コストを削減
  • kintoneで実現する範囲の検討、アプリ作成時の支援に「業務改善アシスト」を活用
  • 最初にクラウドユニバーシティを受講した事で、その後のアプリ開発がスムーズに進行
作ったもの
  • 案件管理アプリ、見積書アプリを作成
  • 案件管理アプリで案件情報と活動実績を管理
  • 見積書アプリは見積書に必要な細かい項目は持たず、既存のExcelで作った見積書を添付して、ステータス管理をkintoneで行う仕組み

利用したメニュー

利用したサービス

500万

複数ツールを使い分けていた案件管理業務をkintoneに統一

業務改善の概要
  • 不動産物件の買取を行う業務
  • Excel、Salesforceなどの複数ツールで管理していた案件情報をkintoneに統一
  • 営業する物件の周辺で過去に行われた取引を視覚化するため、地図プラグインを導入
  • アプリ作成を行う前に、入力チェックやアプリ間のデータ連携について検討
  • 導入時は「現場への浸透支援」を利用し、現場への説明をサポート
作ったもの
  • 案件(物件情報)アプリ、活動履歴アプリ、各種マスタアプリを作成
  • 案件(物件情報)アプリ
    • 物件単位で案件情報を入力し、地図プラグインで地図上に物件を表示
    • 案件のステータスに応じた入力制御を実施
  • 活動履歴アプリ
    • 活動単位で実績を入力し、入力結果を案件(物件情報)アプリへ連携
  • 顧客マスタ
    • プラグインを使い、Sansanに登録された名刺データを連携
    • 全アプリで検索機能や入力チェックなどのカスタマイズをgusuku Customineで作成

利用したメニュー

  • ロ-1 kintoneを使った実現イメージ検討
  • ロ-2 業務改善で使えるkintoneアプリ作成
  • ロ-5 現場への浸透支援
  • ハ-1 システムの維持管理

利用したサービス

1,000万

案件管理で必要になる情報を基幹システムから連携し、利便性アップ

業務改善の概要
  • 製造業の案件管理
  • 製品の種類が多い事からマスタ化する事を決め、基幹システムにある製品情報を自動連携(コマンドラインツール(cli-kintone)を利用)
  • 受注後も担当営業が案件をウォッチするため、受注データも基幹システムからkintoneに連携
  • 当初は営業だけが案件管理で使う予定だったが、各部署との連携が発生するということで、関係部署とのやり取りを実施するアプリを作成
  • サンプルを作成して関係部署への説明を行い、賛同を得る事をサポート
  • 導入時は、過去データの移行と現場への説明会を実施したことでスムーズな移行を実現
  • お客さま自身でアプリを改良し続けたい要望があり、クラウドユニバーシティを受講して知識を付けてもらい、その後に引き継ぎを実施
作ったもの
  • 案件管理アプリ、各部署とのやり取りアプリ、営業用レポートアプリ、基幹データ用アプリ等を作成
  • 案件管理アプリ
    • 案件単位で入力し、ステータスを管理
  • 各部署とのやりやり取りアプリ
    • 営業が必要な情報を各部署に確認するために利用
  • 営業用レポートアプリ
    • 案件情報から必要な情報を集計してレポート出力用にデータ作成(日次で実行)
  • 基幹データ用アプリ
    • 基幹システムからCSVを利用してデータを連携(1時間単位で連携)

利用したメニュー

  • イ-3 作るもの・作らないもの検討
  • ロ-1 kintoneを使った実現イメージ検討
  • ロ-2 業務改善で使えるkintoneアプリ作成
  • ロ-4 データ移行支援
  • ロ-5 現場への浸透支援
  • ハ-3 継続的な開発
  • ハ-5 自走化に向けた引き継ぎ
  • ハ-6 クラウドユニバーシティ(kintoneアプリ管理者・開発者向け教育)

利用したサービス

ワークフロー

100万

「業務改善アシスト」でアールスリーの支援を受けながら、お客さま自らkintoneアプリを作成

業務改善の概要
  • 税理士法人における税金の確定申告業務
  • 紙で行っていた社内の申請業務をkintoneに置き換え
  • お客さま自らkintoneアプリを作成し、コストを削減
  • kintoneで実現する範囲の検討、アプリ作成時の支援に「業務改善アシスト」を活用
  • 最初にクラウドユニバーシティを受講した事で、その後のアプリ開発がスムーズに進行
作ったもの
  • 申請する税金の種類ごとに申請フローが異なるため、税金の種類ごとに申請アプリを作成
  • 利用スタッフが多い事から入力ミスが多くなる可能性を想定し、入力ミスを防ぐカスタマイズをgusuku Customineで作成

利用したメニュー

利用したサービス

500万

紙の決裁書をkintoneに置き換え、販売管理アプリと繋げる事で業務効率化

業務改善の概要
  • 製品の企画・製造における各種決裁業務
  • 紙で運用していた決裁書をkintoneに置き換え
  • 管理していた総務部門の負担が減り、承認者が不在時に承認が遅延するという課題も解決
  • 決裁アプリの情報を販売管理系のアプリにコピーできるようにし、入力の手間を大幅に削減
  • 仕入先が国内・国外に渡るため、通貨を切り替えて入力できるようなカスタマイズをgusuku Customineで作成
作ったもの

決裁アプリ、販売管理系アプリ(受注アプリ、発注アプリ、請求アプリ)、各種マスタを作成

  • 決裁アプリ
    • 受注、発注、請求といった手続きごとに承認を行うためのアプリ
  • 受注アプリ
    • 受注情報を管理するアプリ、決裁アプリを転記して作成可能
  • 発注アプリ
    • 仕入先への発注書を作るアプリ、受注アプリを転記して作成可能
  • 請求アプリ
    • 顧客への請求書を作るアプリ、受注アプリを転記して作成可能

利用したメニュー

  • ロ-1 kintoneを使った実現イメージ検討
  • ロ-2 業務改善で使えるkintoneアプリ作成
  • ロ-4 データ移行支援
  • ハ-1 システムの維持管理

利用したサービス

1,000万

市販のワークフロー製品をkintoneにリプレース

業務改善の概要
  • 製品の故障受付〜調査〜対策検討までの流れを、複数部署に渡ってステータス管理する仕組み
  • 市販のワークフロー製品をカスタマイズして使っていたものをkintoneにリプレース
  • 初めに旧システムの機能のうち何を移行するかの検討を実施
  • 旧システムで実現できていたがkintoneの基本機能で不可能な事は、gusuku Customineを使ってカスタマイズを実施
    (入力制御、アプリ間の連携、バッチ処理等)
  • 完成後に引き継ぎを実施し、お客さま側で内製化を進めた
  • データ移行はアールスリーはサポートのみ行い、実際の作業はお客さま側で対応
作ったもの
  • 故障受付アプリ、調査アプリ、課題対策アプリ、故障受付一括登録用アプリ、各種マスタを作成
  • 故障受付アプリ
    • 製品の故障による問い合わせ情報を入力し、社内の関連部署で申請を回す
  • 調査アプリ
    • 製品が調査の対象となった場合に調査内容を入力し、社内の関連部署で申請を回す
  • 課題対策アプリ
    • 故障の対策を検討した結果を入力し、社内の関連部署で申請を回す
  • 故障受付一括登録用アプリ
    • CSVデータを故障受付アプリに一括登録する運用があり、事前にデータチェックが必要となった
    • 一旦、本アプリにCSVを読み込み、Job Runnerでデータチェックを行った後に、故障受付アプリに連携する仕組み

利用したメニュー

  • イ-3 作るもの・作らないもの検討
  • ロ-1 kintoneを使った実現イメージ検討
  • ロ-2 業務改善で使えるkintoneアプリ作成
  • ロ-4 データ移行支援
  • ハ-5 自走化に向けた引き継ぎ

利用したサービス

受発注

100万

「業務改善アシスト」でアールスリーの支援を受けながら、お客さま自らkintoneアプリを作成

業務改善の概要
  • シンプルな業務のため、受注〜売上までの工程を1つのアプリで管理
  • お客さま自らkintoneアプリを作成し、コストを削減
  • kintoneで実現する範囲の検討、アプリ作成時の支援に「業務改善アシスト」を活用
  • 最初にクラウドユニバーシティを受講した事で、その後のアプリ開発がスムーズに進行
作ったもの
  • 受注・発注・売上のステータスを管理できる受注管理アプリを作成
  • 受注管理アプリ
    • 電話/メール/FAX等で注文が入ったら、レコードを追加し、ステータスを「受注」にする
    • 電話/メール/FAX等で仕入先に発注を行い、ステータスを「発注」に変更
    • 商品が届いたら得意先に納品し、ステータスを「売上」に変更

利用したメニュー

利用したサービス

500万

受注・発注の各業務を管理できるアプリを作成

業務改善の概要
  • 中古物流機器の販売(受注)と買取(発注)業務
  • 販売(受注)は在庫管理している機器だけが対象、買取(発注)した機器は全て在庫に入る、という受発注が独立した形のためシンプルな機能を実現
  • 在庫管理のリアルタイム性が求められなかったため、入出庫時に手作業で在庫数を更新する方法で費用を抑えた
作ったもの
  • 販売(受注)情報を管理する販売管理アプリ、買取(発注)情報を管理する買取管理アプリを作成
  • 販売管理アプリ
    • 電話/メール/FAX等で注文が入った後の運用
      • 担当者がレコード追加(受注登録)し、ステータス(プロセス管理)を「受注」に変更
      • 出庫時に在庫管理アプリから在庫数を手作業で減らす
      • 納品したらステータスを「売上済」に変更
  • 買取管理アプリ
    • 電話/メール/FAX等で注文が入った後の運用
      • 担当者がレコード追加(発注登録)し、ステータス(プロセス管理)を「発注」に変更
      • 入庫時に在庫管理アプリの在庫数を手作業で増やす
      • 納品したらステータスを「仕入済」に変更

利用したメニュー

  • イ-3 作るもの・作らないもの検討
  • ロ-1 kintoneを使った実現イメージ検討
  • ロ-2 業務改善で使えるkintoneアプリ作成

利用したサービス

1,000万

受発注から請求・支払に繋げる仕組みを作成

業務改善の概要
  • 商社の受発注業務(商社の業務としてはかなりシンプルな部類)
  • 1つの受注に複数商品がある中で、在庫に無い商品は都度発注し、全商品が揃ったタイミングで納品
  • 在庫の自動入出庫の実現はコストアップに繋がるため、在庫はExcelで管理
  • 月次集計、売掛残高、買掛残高等の経理系の機能もシステムでは対応せずExcelで管理
作ったもの
  • 電話/メール/FAX等で注文が入ったら、受注管理アプリに受注情報を手入力
  • 発注が必要な商品は発注管理アプリにレコードを自動で作成
  • 請求書が届いたら仕入管理アプリにレコードを作成(仕入登録)
  • 商品を納品したら売上アプリにレコードを作成(売上登録)

利用したメニュー

  • イ-2 現状の業務整理
  • イ-3 作るもの・作らないもの検討
  • ロ-1 kintoneを使った実現イメージ検討
  • ロ-2 業務改善で使えるkintoneアプリ作成
  • ロ-5 現場への浸透支援
  • ロ-4 データ移行支援

利用したサービス

  • なし

予約管理

100万

「業務改善アシスト」でアールスリーの支援を受けながら、お客さま自らkintoneアプリを作成

業務改善の概要
  • 体育館等の施設の貸し出し業務
  • 1日を3枠(朝昼晩)に分けて、枠単位に貸し出しを行う
  • 貸し出し状況の管理をExcelからkintoneに置き換え
  • お客さま自らkintoneアプリを作成し、コストを削減
  • kintoneで実現する範囲の検討、アプリ作成時の支援に「業務改善アシスト」を活用
  • 最初にクラウドユニバーシティを受講した事で、その後のアプリ開発がスムーズに進行
作ったもの
  • 施設の予約状況と予約実績を1つのkintoneアプリで管理
  • 予約の入力は、利用者からの電話やメールで受けて、担当者が予約管理アプリへ手入力
  • 既に同じ枠が予約済みだった場合は、予約入力時にエラーにするカスタマイズをgusuku Customineで作成

利用したメニュー

利用したサービス

500万

宿泊予約データをkintoneに連携し、kintoneで業務を回せる環境作りを実現

業務改善の概要
  • 宿泊の予約を受け付ける業務
  • 複数の予約サイトから予約が入るため、予約を一括管理するサイトコントローラーを利用
  • サイトコントローラーの使い勝手が悪いため、kintoneにデータ連携し、kintoneで予約受付後の業務を行うように変更
  • 利用者へのメール送信や各種集計処理を自動化
作ったもの
  • 宿泊情報アプリ、実績情報アプリ等の予約管理に必要なアプリを作成
  • 予約は外部サービスで行い、予約データをkintoneに連携
  • 予約者へのメール送信等を自動化する仕組みを作成

利用したメニュー

  • ロ-1 kintoneを使った実現イメージ検討
    • オプション:外部プログラムの実現イメージ検討
  • ロ-2 業務改善で使えるkintoneアプリ作成
    • オプション:外部プログラム作成
  • ロ-4 データ移行支援
  • ハ-1 システムの維持管理

利用したサービス

1,000万

貸し会議室予約システムの管理機能をkintoneで実現

業務改善の概要
  • 貸し会議室の予約管理・運営業務
  • 一般の利用者が使う予約画面はスクラッチで開発
  • 事務スタッフが運用で使う機能をkintoneで作成
作ったもの
  • 貸し会議室の予約管理システムを作成
  • ウェブサイトで予約の空き状況を公開し、そこから予約できる仕組み
  • 利用者ごとのマイページ機能は無し
  • 予約データをkintoneに連携し、事務スタッフはkintoneで業務を進める
  • マスタはkintoneで管理し、ウェブサイトに連携

利用したメニュー

  • イ-3 作るもの・作らないもの検討
  • ロ-1 kintoneを使った実現イメージ検討
    • オプション:外部プログラムの実現イメージ検討
  • ロ-2 業務改善で使えるkintoneアプリ作成
    • オプション:外部プログラム作成
  • ロ-4 データ移行支援
  • ハ-1 システムの維持管理
  • ハ-3 継続的な開発
  • ハ-5 自走化に向けた引き継ぎ
  • ハ-6 クラウドユニバーシティ(kintoneアプリ管理者・開発者向け教育)

利用したサービス

kintoneよろず相談会

キントーンよろず相談会

アールスリーのSIチームが、キントーンに関するお悩み相談を何でもお受けします!

毎日開催中!お好きな曜日でお申込みいただけます!
(オンライン or 大阪オフィス来社のいずれか選択可能)

いつでも
ご相談ください

アールスリーは、数々の業務システム開発実績から導き出す適切なご提案、kintone活用を支援するgusukuプラットフォームサービス、お客さまを支援する教育・研修プログラムなど、kintoneに関する全てのご提案をワンストップにてご提供いたします。