BLOG

R3 Cloud Journey

Power BI から R スクリプトを介して kintone データにアクセスする

2018-01-22

年末に ”Power BI の標準機能だけで kintone のデータにアクセスできるよ、ただ、500件以上はちょっと困るけど ” という記事を書きました。

今回、500件以上も問題なく取得でき、Power BI で kintoneデータをガンガン使える(しかも無料で) という方法に気がついたので、ご紹介したいと思います。

その方法は こちら

「データを取得」で、データソースに「R スクリプト」を選択します。(「R スクリプト」は「すべて」の選択肢を ずーっとスクロールして下がり、一番下から 4つ目にあります)

「R スクリプト」とは何ぞや?

「R言語」の構文でコードを書いて kintone からデータを採ってくることになります。

前回は M言語 で 今回は R言語? という感じですが、 R は最近時々目にされている方も多いかもしれません。Visual Studio 2017 をインストールすると、実はコッソリ入ってしまったりします。

そして、 “ R で kintone のデータを取得するパッケージ” を サイボウズの中の人が作って公開しておられたりするのです!!

Rでkintoneのデータを取得するパッケージをCRANで公開しました - Cybozu Inside Out | サイボウズエンジニアのブログ
_ドーモ、SREチームの湯谷(@yutannihilation)です。 表題のとおり、…_blog.cybozu.io

まずは R をインストールします。こちら から使用している PC の OS に合わせた インストール・プログラムをダウンロードし実行、指示に沿ってインストールします。

私の環境では「R x64 3.4.3」というアイコンが作られるので起動すると、 R の命令を入力する画面が表示されるので

install.packages("kntnr")

と入力して Enter キーを押します。

どのミラーサイトからパッケージをダウンロードするか選ぶよう求められますが、適当に選んで進めます。

パッケージ ‘kntnr’ は無事に展開され、MD5 サムもチェックされました

と表示されたら、一度 RGui を終了させます。

次に OS の環境変数を 3つ設定します。

中の人のブログ記事を引用します。

Base64エンコードは、Webブラウザの開発者ツールを開いて

window.btoa("Administrator:password");

のように入力すると簡単にエンコードした文字列を得られます。逆に

window.atob("QWRtaW5pc3RyYXRvcjpwYXNzd29yZA==")

と入力すると簡単に元のユーザー名、パスワードを得られてしまうので、秘匿しておく必要があります。

また、 R (そして Power BI)からアクセスする kintoneアプリが必要です。今回は以下のような簡単なアプリを用意しました。

RGui を再度起動し、以下の 3行を入力します。

library(kntnr)
dataset <- kntn_records(app = 123)
as.data.frame(dataset)

すばらしい! kintoneアプリのレコードを取得できました。

R スクリプトの動作確認が出来たので、Power BI から実行します。

Power BI を起動し、「データを取得」で「R スクリプト」を選んで「接続」、「R スクリプト」入力画面が表示されるので以下のように入力して「OK」ボタンを押下します。

見事に取得できていますね。(今までの苦労は何だったんだ。一体。。)

あとは Power BI の操作を頑張りましょう。こんなに簡単に kintone アプリのレコードを扱えるとなると、もう言い訳は出来ません。頑張って習得しなければなりませんね。

前述のブログ記事から再度引用させていただくと

kntn_records(app = 123, max_records = 400, records_per_request = 200)

のように「max_records」「records_per_request」パラメータを指定することで レコードの取得API を複数回呼び出して 500件以上のレコードを取得することも出来ます。 APIの呼び出し制限回数に注意して上手く活用していきたいですね。

アールスリーインスティテュートで、これまでになかった画期的な kintoneカスタマイズサービス gusuku Customine(カスタマイン) を開発しています。 kintone認定アプリデザイン/カスタマイズ スペシャリスト

自社のシステム開発・移行などをご依頼したい方
お客様とともに
作りながら考える
新しいシステム開発
詳しく見る
kintone導入・アプリ開発・カスタマイズにお困りの方
ノーコードでらくらく
kintoneカスタマイズ
詳しく見る
kintoneアプリの
バージョン管理・バックアップ
詳しく見る
kintoneアプリの開発・運用を
強力サポート

詳しく見る
更新情報をメールでお届けします!

kintoneアプリのカスタマイズに役立つ情報や、イベントの情報をメールでお届けいたします。
ご登録をお待ちしております!

R3のご提供サービス
自社のシステム開発・移行などをご依頼したい方
お客様とともに作りながら考える
新しいシステム開発
詳しく見る
kintone導入・アプリ開発・カスタマイズにお困りの方
kintoneをもっと使いやすくする
gusukuシリーズ
詳しく見る
更新情報をメールでお届けします!
kintoneアプリのカスタマイズに役立つ情報や、イベントの情報をメールでお届けいたします。
ご登録をお待ちしております!