BLOG

R3 Cloud Journey

kintone のデータを使って Amazon Echo を朝礼当番にする

2017-11-17 21:50

先日も書きましたが、日本でも Amazon Echo の販売が開始されました。

ただ、アマゾンから招待メールが届いた人しか、まだ購入することができないようです。もうしばらく寝て待っていればよいのですが、Webで動作確認ができるシミュレーターサイトが日本語対応したようですので、今回はこちらを使って kintone連携スキルの動作を確認してみたいと思います。

この 公式シミュレーターサイト「Echosim.io」では Amazon Echo の実機と同じように、実際に話しかけて Alexa スキルの動作を確認することができます。

(大きな音が出ます。音量に注意してください。)

Amazon Echo の実機の場合は予め指定した時間に自動的にスキルを起動する「リマインダー」や「アラーム」といった機能を使用することができます。

毎日朝礼を実施されている企業様でしたら、売上予算アプリから当日予算の数値を参照するようにして、朝礼当番を Amazon Echo に任せてみるなんていかがでしょう。

前回も少し触れましたが、SSMLを記述すれば、会話の途中に mp3ファイルの再生を挟んだり、発話のトーンやスピードを調整したりといったことができます。

kintone データを抜き出すロジックは Alexa スキルから起動される AWS Lambda Function の中に書きます。

「今日の売上目標は 500000円です。」の文言は正しく「50万円」と発声できますが、「500,000円」と書くと酷いことになってしまいます。実際に色々試してみてください。

Amazon Echo に仕事をさせる=スキルを作るにあたり、スキルの中で使用するネタ、つまりデータを管理することにおいて、 kintone は非常に扱いやすい、相性の良いツールと言えるのではないかと思っています。

Alexa と kintone を上手く組み合わせて使えば、仕事のやり方が大きく変わる未来がそこにあるかもしれません。

うっちー

アールスリーインスティテュートで、これまでになかった画期的な kintoneカスタマイズサービス gusuku Customine(カスタマイン) を開発しています。 kintone認定アプリデザイン/カスタマイズ スペシャリスト

R3のご提供サービス
自社のシステム開発・移行などをご依頼したい方
お客様とともに作りながら考える
新しいシステム開発
kintone導入・アプリ開発・カスタマイズにお困りの方
kintoneをもっと使いやすくする
gusukuシリーズ