BLOG

R3 Cloud Journey

WebhookとMicrosoft Flowを使って、プログラミングせずにkintoneであれこれ

2017-07-14 10:29

今回は kintone の Webhook 機能Microsoft の Flow というサービスを組み合わせて、従来は Javascript で一所懸命プログラミングして、カスタマイズで実現していたようなことを ノンコーディング で行ってみたいと思います。

1. kintone 側の準備(APIトークン)

まずは、kintone で新しいアプリを 1つ作ります。

設定」タブをクリックして「APIトークン」を選びます。

生成する」ボタンを押すと、「APIトークン」のところに文字列が表示されます。この文字列をどこかにメモしておいて「保存」をクリックします。

あと、kintone で使用しているドメイン名アプリID も、後ほど Microsoft Flow の設定画面に入れるので記録しておいてください。先ほどの画面で言うと以下の部分です。

2. Microsoft Flow の設定

次に、 Microsoft Flow のサイトを開き「無料でサインアップ」をクリックしてください。Microsoft Flow に登録・使用するメールアドレスを入力します。

Microsoft Flow の画面が表示されたら「マイ フロー」をクリックして「最初のフローを作成する」画面へ進みます。

一から作成」をクリックすると「フローの作成」画面へ移るので、並んでいるコネクタの中から「要求と応答」をクリックします。

要求と応答 -要求」をクリックします。

「要求」の中のところは放っておいて、画面下部の「新しいステップ」をクリックすると「アクションの追加」というのが出てきます。これをクリックします。

HTTP」をクリックします。

HTTP -HTTP」をクリックします。

方法」は「POST」を選択します。その他の項目には下図のように入力していきます。

URI」のところは、ご使用になっている kintone のドメイン名を入れます。

ヘッダー」のところの左側のテキストボックスには「X-Cybozu-API-Token」と入力します。右側には「1. kintone 側の準備(APIトークン)」で作った APIトークンの文字列を入れます。

本文」のところは長いので以下をコピーしてください。

ただし、「1. kintone 側の準備(APIトークン)」で作った kintoneアプリの アプリID に変えてください。

下図の赤枠で囲った箇所の値を変えることになります。

書き換えが終わったら、画面上部の「フローの作成」か、画面下部の「フローの保存」をクリックします。

これで終わり。と言いたいところですが、もう一度、フロー内の「要求」をクリックします。

HTTP POST の URL」欄に Webhook 用の URL が作成されているので、その右にある「URLのコピー」ボタンをクリックして、メモ帳か何かに貼り付けます。

https://prod-999.japaneast.logic.azure.com:443/workflows/ほにゃらら/triggers/manual/paths/invoke?api-version=2016-06-01&sp=%2Ftriggers%2Fmanual%2Frun&sv=1.0&sig=ほげほげ

のような文字列が得られます。これを kintone の Webhook 設定画面に入れることになるので記録しておきます。

Mirosoft Flow の方は、画面上部の「完了」ボタンをクリックして終わります。

3. kintone 側の設定(Webhook)

初めに作成した kintone アプリへ戻ります。

「設定」から「Webhook」を選んで、Webhook の設定画面へ遷移します。

「+」ボタンをクリックして「Webhookの追加」画面へ移ります。


Webhook URL」欄に Microsoft Flow で作成した「HTTP POST の URL」の文字列を入れます。先頭の「https://」は要らないので削ってください。

さらに「通知を送信する条件」で「レコードの追加」と「レコードの編集」にチェックを付けて、右下の「保存」ボタンをクリックします。

Webhook の設定画面に戻るので、右下の「アプリの設定に戻る」をクリックします。

「設定」タブに戻るので、忘れずに「アプリを更新」をクリックします。

以上で Webhook の設定は完了です。

4. Webhook を動かしてみる

早速、設定した Webhook を動かしてみましょう。kintoneアプリで新規レコードを追加します。

保存」をクリックします。

あれ? 何も起こりません。
慌てずに Webブラウザの「再読み込み」ボタンを押してみてください。

Microsoft Flow から、人間の心をボロボロにするコメントが投稿されました。

以上、Webhook の基本中の基本をお伝えしました。

ちょっと手順が多い気がしますね。Microsoft Flow は多くのコネクタを用意しているので、 kintone 用のコネクタが提供されるようになれば、もう少し設定しやすくなるかもしれません。

→ 2018/1 kintoneコネクタが公開されたので「Microsoft Flow の kintone (プレミアム)コネクタを使って、完全ノンコーディングで あれこれ」という記事を書きました。

うっちー

アールスリーインスティテュートで、これまでになかった画期的な kintoneカスタマイズサービス gusuku Customine(カスタマイン) を開発しています。 kintone認定アプリデザイン/カスタマイズ スペシャリスト

R3のご提供サービス
自社のシステム開発・移行などをご依頼したい方
お客様とともに作りながら考える
新しいシステム開発
kintone導入・アプリ開発・カスタマイズにお困りの方
kintoneをもっと使いやすくする
gusukuシリーズ