NEWS
お知らせ

アールスリー、gusuku Customine(グスク カスタマイン)とラジカルブリッジのカレンダーPlusとの連携を開始

アールスリーインスティテュート(代表:加藤忠智、大阪府大阪市)は、gusuku Customineにて、ラジカルブリッジ(代表:斎藤栄、北海道札幌市)のカレンダーPlusとの連携を開始しましたのでお知らせいたします

gusuku Customineについて

gusuku Customine(https://customine.gusuku.io/)は、サイボウズ社kintoneのJavaScriptによるカスタマイズをノーコードで実現するサービスです。2018年9月3日の日本での正式リリース以降、順調にお申し込みいただき、1000ユーザー(フリープランを含む)を目前としております。kintoneによる業務改善に寄与できていることを弊社社員一同誇りに感じております。

カレンダーPlusについて

kintoneにサクサク動く素敵なカレンダー機能を追加するプラグインです。月別・週別・日別表示や色分け表示で直感的なスケジュール管理が行えます。一般的なカレンダー機能を提供するBasicに加え、Proではリソース別スケジュール管理機能を搭載しており、担当者別・会議室別・車両別など、様々な要素(リソース)別にスケジュール管理を行うことができます。担当者別のスケジュールでは、cybozu.com組織情報と連動した組織別スケジュール表示を行うこともできます。

kintoneでカレンダーといえば「カレンダーPlus」というほどの定番プラグインであり、たくさんのkintoneユーザー様にご利用いただいております。

カレンダーPlus紹介ページ

https://radical-bridge.com/product/calendarPlus.html

gusuku CustomineとカレンダーPlusの連携について

今回のリリースでは、gusuku CustomineでカレンダーPlusが公式サポートしているイベントに対応いたしました。

これにより以下のようなことが可能となります。

  • カレンダー上でのイベント登録時に、タイトル以外の項目も入れる
  • イベントの登録時に、様々なフィールドを使って表示用タイトルを作成する

このような設定を入れることで

イベント作成時に、タイトルだけではなく、次のように会議室を選べるようにすることも可能です。

会議室を同時に入れることによって、人別のビューで予定を作成しても、会議室別のビューで正しい位置に表示されるようになります

実際の動きは、https://youtu.be/yb5CKeiT8PE にてご覧いただけます。

gusuku Customineはお客様の考える「kintoneでもうちょっとこういうことできたらいいのに」を実現して参ります。

エンドースメント

ラジカルブリッジ 代表 斎藤 栄様

kintoneの可能性を広げるgusuku CustomineとカレンダーPlusが連携したことをたいへんうれしく思います。この連携により、カレンダーPlusの標準機能では対応が難しかった個別の機能拡張をノンプログラミング(ノーコード)で実現できるようになります。自らの業務にフィットしたスケジューラーを作ることができるというカレンダーPlusの世界観が拡がることで、お客様の利便性が高まり、より多くの皆様にご活用いただけることを楽しみにしております。

ラジカルブリッジは今後もgusuku Customineとの連携を進め、kintoneにおけるカレンダーソリューションの強化に努めて参ります。

本件についてのお問い合わせ

アールスリーインスティテュート

TEL: 06-6271-3663

Mail: butler@gusuku.io

担当: 池上、西島、金春(こんぱる)


 

TOPに戻る