お知らせ:2017年7月2日より本ブログは R3 Cloud Journeyに移設しました

ぜひ新しいブログをご覧ください! https://blog.r3it.com

JP_Stripes (Stripe ユーザーグループ)in KOBE キックオフ に参加しました

Posted on 2017-06-08

Yasutaka Oki

こんにちは。リモート勤務で、愛媛在住の沖です。

今回は、2017年6月6日に開催されたJP_Stripes (Stripe ユーザーグループ)in KOBE キックオフについて報告したいと思います。

開催3日前に参加決定

実は、開催の前週が物理出社だったので大阪にいました。

で、愛媛に戻る前に色々と集まって飲んでいたら、このキックオフの話題になって、あっという間に参加が決まったという(驚
飲み終わってホテルに戻ってから、急いで参加申し込みとホテル予約を済ませましたよ!

こういうところもファストです。

リモートワーク? モバイルワーク?

移動手段を検討していて気づいたんですが、愛媛ー神戸だと移動に大体5時間くらいかかるという問題が。。。

往復で勤務時間(8H/日)以上かかる計算なので、移動中にも仕事が出来るようにバス移動にしてみました。

結果としては、レスポンスの速さとかは抜きにして、概ね良好。コードも書けたし動作確認も可能。チャットも出来るので、未読などを無くしてからイベントに参加できました。

ただまぁ、帰りも同じことしたらちょっと酔ったので、ほどほどにしましょう。あと、モニタを見られないように、後ろに人がいないことも要チェック!

会場到着

googleマップを頼りに会場まで到着

毎度思いますけど、googleマップが便利すぎて手放せないですね。

スタートです

なんと30人の枠が満席という盛況ぶり。しかも、飛び入り参加で後半は椅子が足りない状況に。

やはり、みなさん興味津々ですねー

参加者みんなで決済体験

「ビールとおつまみがあるので、飲みたい人はStripeで決済してね」という振りからスタート。

実は、私の場合は以前にStripe決済をやった事があったので、

  1. 決済ページに行ってボタン押す
  2. メールアドレス入れたらSMSで認証コードが飛んでくる
  3. 認証コードを入れたらカード情報が自動で入る
  4. 支払いボタンを押すと支払い完了

というお手軽さ!

2回目の支払いはボタンを押すだけなので、ガチャよりハードルが低い気がしますね。

Increment

スタートアップ支援で、業界情報誌も出しているそうです。

今回は障害対応がテーマ。独断と偏見で要約するとこんな感じです

Increment 2017年 春号「on-call」
 特集:障害対応はどうしているか
・障害切り分けのペストプラクティス
・1人から1000人超えまでの、段階的なベストツール紹介
・CEOが語る、GITLABの障害対応

詳しくは、こちらのページ(英語)をどうぞ。Increment

Connect

通常決済と定期決済しか知らなかったのですが、新サービスのConnectでは多様な決済が可能になったそうです。

ECサイトの決済を超えて、プラットフォーム決済が可能になったという驚きの状況です。

これは凄い!

詳しくは、こちらのページをどうぞ。Connect

Sigma

SQLでStripeのデータを検索出来るサービスです。

知りたいデータを取得できるそうで、公式ページにはSQLが公開されてます。しかもSQLは名前をつけて保存可能なので、経理部門が知りたいデータを開発部門が作成して共有とかを想定しているそうです。

これは、便利!

詳しくは、こちらのページをどうぞ。Sigma

会場での懇親会

登壇が終わった後は、会場で名刺交換をしつつ情報交換です。

「チャリンチャリン(ビジネス)」とは何かという話がすごく盛り上がりました。この言葉って西日本方面だけなんですかね?

インシデント発生

最初のビール決済ですが、実装者側の問題でインシデント発生というのが中の人から指摘があり、切り分けの調査開始。

すぐに原因が判明し、その場で再デプロイして、参加者は追加決済という対応がおこなわれました。日本版Incrementが出るときには是非事例紹介して欲しいですね。

更にディープな懇親会へ

ちなみに、会場の懇親会では盛り上がりすぎて1時間くらいたっても終わらないので、強制的に次の会場へ移動となり、そこでも盛り上がって閉店で追い出されました(苦笑

決済や各種サービスの色々な話が出たので面白かったのですが、大体書けない内容でしたね。

勉強会は、懇親会に参加して締めのラーメンまで楽しみましょう!

最後に

決済処理が簡単に実装できるので、様々なサービスに組み入れて請求業務を簡素化出来そうです。

しかも、ConnectやSigmaを使えば、会員制サービスとか売買プラットフォームまで構築できますね。

これから色々と楽しみです!


関連タグ: